読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤圭子趣味

下手物には上手物とは違う味わい方があるという

渋谷公会堂の藤圭子

渋谷公会堂のライブ盤(『歌いつがれて25年 藤圭子演歌を歌う』)は突出して優れていて、出来があまりにもいいもんだから、これが本来の藤圭子の姿なのか、あるいはこの日この場所だけで異常な事象が発生したのか、もはやわからなくなっています。 その「違…

そっちとこっち

もし藤圭子が本当に魂を込めて、命を削って歌っていたっていうんなら、聴くほうだって、自分の感性と経験を総動員して評価しないと。*1そこんところだけは、テキトーにごまかしちゃ駄目でしょ。それが、敬愛する表現者に対する礼儀だもんね。藤圭子が真剣勝…

あたいの圭子はなぜウザい

圭子をベランダに蹴り飛ばしてから、ちゃぶ台に戻って吸いさしの「いこい」を咥え直した。一体この女はなんなんだろう。 前に引用したことがある岡本太郎の言葉を思い出した。 「人間の、本当に燃えている生命が、物として、対象になって目の前にあらわれて…

テレビに藤圭子が出てくるとなんで気まずかったんだろう

藤圭子が歌謡界に這い出てきた当時の実力派の若手歌手、たとえば弘田三枝子や伊東ゆかり、黛ジュンなんかはいずれも米軍キャンプ上がりで、もちろんいろいろ苦労はあっただろうが、純粋にポピュラーミュージックっていう枠組みの中では、この人たちはエリー…

癒されたり撃ち抜かれたり忙しそうだけど

藤圭子も人間だったってことがそんなに珍しいか。今まではいったいなんだと思ってたんだ。君たちが感動するその圭子の姿は、誰か特定の人間が君に意図的に見せたかった姿じゃないのか。圭子の目に見えてたもの、圭子の意識が向いてた対象が本当はなんだった…

困った伝説

藤圭子には「オリジナル歌手殺し」っていう困った異名というか伝説があって、ようするに圭子が人の曲をカバーすると、上手すぎてどれも元歌を超えちゃうってことなんだけど。ほんとに、ほんとにそう思ってる?*1たしかにデビューしてまもないころは、向かう…

芸が死ぬ

藤圭子と冷静につきあうっていうのは、たとえば『別れの旅』のCD化のあとにいきなり『面影平野』に飛んじゃう、今回の扱いみたいなことを言う。そうだよね、それもこれも、みんな「藤圭子」だもん。でもあたしにはとてもそんな真似はできない。『圭子の人生…

笑っちゃう

ブログに藤圭子のことを書くようになったのは1年半ぐらい前からだけど、当初からあたくしは藤圭子を「おもしろネタ」のように扱ってまいりました。そういうマジメじゃない態度っていうのは、いま考えると、藤圭子の本質が仕向けた結果なんじゃないかとも思…

さいはての女

2013年現在、自分にとっての藤圭子のベストアルバムはスタジオ録音では『さいはての女』であり、ライブなら『歌いつがれて25年 藤圭子 演歌を歌う』です。*1「25年」のほうは、歌ってもんに対する認識が根本から変わっちゃう大傑作なのでちょっと別格ですが…

『新宿の女』 ~箱入り娘も巣立ちます~

どこか一箇所を突っつけば満天の星が一気に頭の上に落ちてきそうな夜空の下、地平線を彼方に見て白いギターを抱え、手にはロザリオをかけて、若い娘が一人でその乳青色の微光を浴びて佇んでいます。冬といっても、霧氷が木の枝にからみつくような、どこか湿…

『圭子のにっぽんひとりあるき』 B面

『知らない町で』のほうはある程度「藤圭子」を意識した曲作りがなされているようですが、『圭子のにっぽんひとりあるき』は、日本各地を題材にして石坂まさをが藤圭子そっちのけで自分の世界観を好きなように展開した作品と言えるかもしれません。いわば藤…

右の圭子と左のあゆみ #2

車に乗ってるときにフロントガラスに雨粒が落ちてきたりすると、私の頭の中では三善英史が「あんめぇ~にー ぬれながぁ~らー」と歌い出します。これは知らない間に植えつけられた宿痾みたいなもんで、一生治ることはないでしょう。しかしそうやって、人の残…

右の圭子と左のあゆみ #1

藤圭子はある種つかみどころのない人でしたが、歌にも不思議があります。藤圭子の歌は、歌詞が頭に残りません。数えきれないほど繰り返し聴いたはずなのに、具体的にどんな内容の歌だったのか、さっぱり思い出せないのです。洋楽だろうが歌謡曲だろうが、ポ…

共鳴現象

「藤圭子の何を聴いているのか」と問うことは、結局はどのような肉体的な作用を受けているのかと考えることになります。前回、藤圭子は、いきなり来ます。チャイムが鳴ったから玄関に出てドアを開けると、もう後ろに立ってます。という言い方をしましたが、…

藤圭子と四月の花まつり

私は「藤圭子いのち」なので基本的に藤圭子が歌ってさえいれば何でもヨシなんですが、一方で歌謡曲マニアでもあるので、その視点から見るとまたランキングが変わってきます。でもどっちの立場から見ても、前回とりあげた「四月の花まつり」は外せません。 ■■…