藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

圭子2号(または増殖する困惑)

私はいまだに藤圭子という歌手がよくわかりません。

70年代を通じて、藤圭子は姿や声をさまざまに変えました。

姿を変えたといっても、
それはたとえば梓みちよ山本リンダが変貌したみたいな、
あるいは山口百恵が少女からオトナになったとかいうのとは次元が違ってて、
双子のAさんとBさんのうち今日はどっち?って迷うような、
顔と声はすごくよく似てるんだけど実は完全な別人だっていう奇妙な感覚です。

それは要するに、七色の声を使い分けるとかいう、
歌手としての技量の問題なのかもしれません。
しかし「ヒトが入れ替わっている」という印象をどうしてもぬぐうことができません。
もちろん、藤圭子は一人しかいないのだと理性ではわかってるつもりです。
でも私の五感がどうしてもそのようなゴマカシを許さないのです。

大まかに数えただけでも、圭子は7人いました


★圭子1号(≒阿部純子)
ファースト・アルバム「新宿の女」(1970年)

★圭子1号改
「女のブルース」(1970年)から「藤圭子リサイタル」(1971年)まで

★圭子2号
「知らない町で」(1971年)から「遠くへ行きたい」(1972年)まで

★圭子3号
「悲しみの町」(1973年)から「あなたの噂」(1975年)まで

★圭子4号
「生きてるだけの女」(1975年)から「貴方ひとすじ」(1977年)まで

★帰ってきた圭子2号
「面影平野」(1977年)から第1次引退まで

★圭子6号
1981年から90年代初頭まで。初期バージョンは "藤圭似子"。
Ver 2.0から "藤圭子" に昇格する。

なお圭子5号は出産・育児担当として宇多田純子名義で活動

 

「圭子2号」と「帰ってきた圭子2号」は同一人物だと考えられるので、
「圭子5号」を含めて全部で7人になります。

 

<周辺人物>
★純子さん
90年代になってから登場した、自称ヒカルのママ。
ただし圭子1号(阿部純子)や5号(出産・育児担当)との関係は不明。
藤圭子の真似がとても上手いが、
オバちゃんなのでちょっとオーバーアクション


しかし時間軸の上ではダブルキャストみたいに重なっている時期もあり、
1枚のアルバムの中で入れ替わっていることもあり、
ステージの下手に3号が引っ込んだら上手から2号が出て来るケースもあるなど、
なかなか手が込んでいます。
だまされないようにしてください。

どっちにしても圭子はメンドクサイ女です。
でもたとえ何人いようが、私はすべての圭子に均等に愛情を注いでいるつもりです。
全員まとめてどーんと来いや。(寂寞)

しかし「何でも好き」という態度は不誠実の裏返しでもあります。
その意味では、湿潤性の肉体の存在が背後にはっきりと感じられる圭子1号
最終的には心中しそうな気がしています。



圭子1号改が歌う「夜の花」です。
"情念" を深くえぐった表現という点で、
1号改は傑出したものを持っていました。
でもいわゆる演歌的な湿っぽさはなく、
あくまでも都会の夜のネオン
タクシーのヘッドライトの川みたいな世界観の範疇で
震えるような熱い感情を歌い切っています。
藤圭子にとっては当たり前の出来栄えかもしれませんが、
一歩引いて見てみると、
これほど肺腑をえぐるような歌唱には世間ではなかなかお目にかかれません。
(どうですか。これ聴いてなんにも感じませんか)

■■音源消失■■