藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

もう少しがんばりましょう

麗しくも悩ましい、圭子嬢「本人出演」のカラオケ映像の数々です。
このまえ近所のSHIDAXに行ったときにも、現役で活躍していることを確認いたしました。
もちろんわたしがオリジナルキーで熱唱したことは言うまでもありません。

しかし映像に出てくるこのなんだか幸の薄そうなオンナが、
元歌を歌ってる天下の藤圭子その人であると
いったい誰が想像できるでしょうか。
これを見ると、あたしは純子さんの胸ぐらをつかんで
前後左右に激しくシェイクしたくなる衝動を抑えることができません。

純子さんあなたは藤圭子なんか怨みでもあるんでしょうか
えぇエェ、そりゃああなたは監督に言われるとおりに動いただけでしょうよ。
監督がなんの思い入れもない人だったってだけですよね。

しかしあなたにも、"藤圭子" の歌を大事に思う気持ちはないんですか。
あなたはお人形のような風貌で魂のこもった歌をうたい、
人々の心に強い印象を残しましたが、
だからって本当のお人形になれとは誰も言ってません。

なんのための撮影だかわかってますか。
あなたの輝かしい歌に絵を付けてるんですよ。
その呆けたような顔はなんですか!もっとちゃんと歩きなさい!
トホホな芝居はやめなさい!意地を見せてみなさい!

でもあなたが過去にまったくこだわらない人であるのは知ってます。
当時テレビのトーク番組で、白いソックスにテニスシューズを履いて、
目下の生活について、人生観について、
少女のように屈託なく語っていたのを思い出します。
あなたは「現在」をちゃんと生きていました。

私はそんなあなたがたまらなく愛おしいです。

 

■■カラオケ映像の数々消失■■

 

 

藤圭子運動神経がよかった」っていう疑惑があります。
この「夢は夜ひらく」のカラオケ映像の中で
スタジャンを着た圭子が不良仲間と逃走するシーンがありますが、
まったく無駄のないフォームで
かなり俊敏な動きを見せています。
"セカチュー" のTV版で
綾瀬はるかが陸上選手の役をまったく自然にこなしたときのような、
妙な驚きと感動があります。

それはともかく、全体の出来としては、
いちおうこの中では「女のブルース」がマシではありますかね。
0:46 から 0:56 にかけて顔だけで「渾身の演技」をしてますし、
2:22 からの酒場での客あしらいもなかなか自然です。
手つきとか目線とか、むしろ自然すぎておかしいかも。
圭子さんあなたの本職はなんですか。