藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

再発を繰り返す圭子病

藤圭子の既発の2枚のCDが "Blu-spec CD2" として再発されます*1

『新宿の女』
『女のブルース』
4月10日発売

一度もCD化されていないLPの復刻ではないので、
事件としては小規模です
しかし低価格ながらマスターテープに限りなく近い高音質だという触れ込みなんで
(マスターが劣化してたらどないすんねん)
この機会に買って聴いてみてください

とくに『新宿の女』は、あなたがどんな音楽を好む人であっても
けっして聴いて損はしないはずです



※もし他のLPが復刻される可能性がないとしても、
せめて「歌いつがれて25年 藤圭子演歌を歌う」だけは
CDとして残しといてほしいです。
このライブ盤には圭子の本質と魅力が凝縮されてますんで。


歌いつがれて25年 藤圭子 演歌をうたう3 - YouTube

 

おもいっきり簡単に言っちゃえば "無垢な愛らしさ" ってことなんですが
心が荒んだ人間が最後に行き当たって救われるのは
こういう 歌声なんじゃないでしょうか

 

*1:病気とCDの "再発" を掛けてるのわかってくれた? 元はと言えば「圭子病」はこっから来てんの。その前提がなくて「圭子病」だけ持ってったってダメなのだよ××君。