読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

あなどれない女

歌謡浪曲については前にも取り上げましたが、
こういうパフォーマンスをステージできっちり演じきれる歌手は
そうそういるもんじゃありません。

リサイタルの余興なんかじゃなく、ガチで本気モードです。



■■「白糸の滝」音源消失■■



私は藤圭子をネタにして遊んでる人間ですが、
こういうことをいけしゃあしゃあとやりやがるから目が離せないし、
体も離れ難くなるんですわ。



■■「長崎の女」音源消失■■



そうかと思えば、この「長崎の女」なんかでは
小学生の女の子がいっしょけんめい背伸びして歌ってるみたいな
舌っ足らずで甘えた迫り方をしてくるからやり切れない。



■■「すみだ川」音源消失■■



「すみだ川」といえば言わずと知れた東海林太郎
セリフの部分はオリジナルが田中絹代
新しいところではテイチク再録音時の浅丘ルリ子が絶品でしたが、
圭子も負けていません。

こういうのを聴くと感じるのは、藤圭子の声っていうのはただ個性的なだけじゃなくて、
日本の女、特に芸の世界に生きる女の声の正統でもあるということです。
艶っぽい女の声ってこうだったよなって、
生まれてもいない時代の記憶がよみがえってくるこの感覚を、
誰かわかってくれる人はいるでしょうか。
語りの声の質で言えば、この3人の中では圭子が一番ハマってます。

浅丘ルリ子のバージョンは、現在ではこのCDで聴けるようです。

ゴールデン☆ベスト

ゴールデン☆ベスト

 

 <この写真はセンスがないな。東海林太郎といえばやっぱり燕尾服かダブルの背広だろう>

 


東海林太郎は昭和40年代に戦前の持ち歌のステレオ録音を行っていますが、
同じ歌をポリドール、キング、テイチク各社で似たようなアレンジで再録音しているせいで、
慣れない人にはややこしいことになってます。

しかしあたくしが推薦したいのはこのテイチク版で、
とにかくバックの演奏の気持ちのこもり方と完成度が違う。
この中に入っているセリフ入りの歌では
浅丘ルリ子の他に高田美和渡哲也も非常によく、
特に芯の強さと色気がないまぜになった高田美和の語り
国宝級のすばらしさなんですが
音源を紹介できないからどうしようもありません。

と思ったら、このCDのAmazon試聴用サンプルでサワリが聴ける!!
「築地明石町」と「軍国舞扇」であります。
「すみだ川」では浅丘ルリ子、「上海の街角で」では渡哲也も聴けます。


しかしいま日常的に東海林太郎を聴くような人間はどれくらいいるんだろうか。
おれは今でも「ガチで本気モード」で聴いてるけどね。