読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

Obsessed

あたしはよく「ふじけーこ」っていう書き方をするんだけど、
そのニュアンスがどれだけ伝わってるのかはわからない。

藤圭子は、藤っていう苗字の圭子さんじゃないんだよ。
藤圭子は「藤・圭子」じゃなくて「ふじけーこ」っていう
ひとつの "現代用語" であって流行語であって
時代のシンボルみたいなもんであって、
たまに「じ・けいこ」っていうように頭にアクセントを置く人がいるけど
それは違うよね。
"富士" じゃなくて文字どおり "の花" の「フ」。
それから「藤さん」って呼びかけるものヘンだな。
それじゃまんま「富士山」じゃん。

あくまで「ふじけーこ」でひとつの言葉なんだってこと。
そしてその言葉の響きの中に、
昭和44年から46年ぐらいまでのいろんなイメージが凝縮されてるってこと。

で、その「藤圭子」が流行語みたいになったころの映像って
いまさら誰も関心を持ってなかったってこともあって
YouTubeなんかでもほとんど見られなかったんだけど、
最近はいくつか貴重な映像をアップしてくれるケースが出てきました。

考えてみたら、いま現在藤圭子を聴く人のみんながみんな
当時テレビで圭子を見てたわけじゃないから、
その頃どういう姿かたちをしてたのか
まったく認識していない人もいるはずなんだ。
頭の中のイメージにズレがあると、
同じ歌でも聞こえ方がまるで違ったりするもんな。

大阪万博の年に日常的に見てた「藤圭子」って、
最大公約数的にはこんな感じじゃないすか。
あたしがイメージする「ふじけーこ」はこのまんまフリーズドライだよ。

 

■■「第1回日本歌謡大賞」動画消失■■

 


そんなこと言ったら圭子は怒るよね。
でもしょうがないって。才能的にも最高に爆発してたときだし。
それだけインパクトのある存在だったってこと。

何年か経つともう別人みたいになっちゃうから、
そうなるとね、前にも言ったことがあるけど
あたしは圭子を圭子だと認識するまでちょっと時間がかかる。

これも同じときの映像だけど


■■「第1回日本歌謡大賞」動画消失■■


まだカラーテレビがシモジモに行き渡ってなかった当時、
実際に見てた藤圭子はこんな感じ?

f:id:lookwho:20140917141406j:plain


「でも、初めてだよ。あたしの髪が茶色かったって覚えていた人。みんな、白いギターに黒く長い髪が印象的で、なんて必ず言うからね。みんなそうだよ」

沢木耕太郎 『流星ひとつ』)

 

そんなこと言ったってアンタ、
ワシら庶民は白黒テレビでしかキミを見られなかったのさ。
写真で見る髪の毛が茶色かったとしても、
そんなのは記憶の中では帳消しだ。


たとえばこんな芸能ニュースだって、
カラーで撮影されてたなんてみなさん知ってましたか。

■■「新宿24時間キャンペーン」動画消失■■


(なんでナレーションが「19歳」になってんの? まだ18だってば。
それに当時は「17歳」っていうフレコミだったんじゃないの?
めちゃくちゃだなあ)



「ふじけーこ」だと認識できるのはギリギリこれぐらいまで

 

■■「72年の歌謡大賞」動画消失■■






すいません、抱きしめてもいいですか