藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

生きてるから痛いのね

ここにただ一つの命が生きてることをリアルに叫んでんのね

藤圭子にはね、成熟とか洗練なんてもんはないんだよ

たった一人で生まれてきて、たった一人で死ぬんだよ
でも死ぬまでは生きてるんだ

ただ生まれてきてね、痛いんだよ
子供んときは、髪の毛一本引っ張られたってものすごく痛いんだよ
生まれ落ちたときはね、もう泣き叫ぶしかないんだよ

圭子の声はね、そういう原初的な叫びを内包してんの
この人の歌の本質ってそこらへんにあるのかもしれないとは思うのね

 

 

f:id:lookwho:20140918231448j:plain