藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

生命ぎりぎり

久しぶりに「生命(いのち)ぎりぎり」を聴いた。
"藤圭子"っていう名前でデビューしたとき、純子はこんなに、これほどまでに完成された歌手だった。ところがあるときを境に、ガクンッて別人になるんだ。

藤圭子はね、とっくの昔に死んでるんだよ。
そのあとも何回も死んでるんだ。

あたしは、「生命ぎりぎり」の藤圭子と20代後半の藤圭子を同列に聴いて、どっちも "いいね" って平気で言える人間が信じらんない。
別の歌手でしょ。同じ名前を名乗ってるだけ。顔だってぜんぜん違うし。

それを同じ人だって言うってことは、ほんとに凄かったときの圭子の価値がまったくわかってないってことじゃん。
同じなわけがあるもんか。

 

f:id:lookwho:20140918235209j:plain