藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

常時泣きそうな状態ってやばくね

想いってさあ、どんどん募ってくるとただの熱い火の玉になってくんだよね。そうなると、好きも嫌いも快も不快もなくなって、勝手にぐわんぐわんぐわんぐわん回転しだして、うれしいのか苦しいのかどっちかもわからずに、全部投げ出して楽になりたいって思い始める。

この2年間、上がったり下がったり憎んだり慰められたり、苦しくなるとブログを書いて紛らして、何が起きてんのかよくわかんない状態のまんま、圭子にはずいぶん振り回された。あたしはなんでこんな人に取り憑かれちゃったんだろう。

他人になりきって語るっていうのは、苦しさを紛らすノウハウとしては一定の効果があったんだな。無防備に自分だけになっちゃうと一気に心細くて、体の粘膜がむき出しになって痛い感じがする。隠してたものが知らない間にダラダラ出ちゃってそうな気がするし。

でも不思議に、間違った方向には行ってないって気はするんだ。心の底のあたしは、よかったって喜んでる。圭子に遭遇してよかった、心細くたって自分に戻ってよかったって。なんかいっつも涙腺が臨界状態みたいになってんのは、どうしたもんかなとは思うんだけどね。