読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

おとといいらして

藤圭子は十七歳の阿部純子の才能のオツリで20年間食ってたっていうのがあたしの "藤圭子評" なんだけど、それで圭子が怒るかどうかなんてあたしは知らない。ましてや、YouTubeや圭子関連ブログに群がるフリークス、いやフリークの方々の意見なんかは、なんの参考にもならないことがもうわかってる。

あの人たちはただ、ウットリと歌に酔ったり、酒に酔ったり、「やられた」とか口走ってみたり、「ご冥福をお祈りします」とかもっともらしく言ってみたいだけ。圭子の人生となんの接点もなかったアンタらが、いったい何を祈るのさ。

圭子は、砂時計が落ちてくみたいに、何かを確実にすり減らしていったってことは間違いないんだ。年齢とともに歌が上手くなったって言うけど、それはただ、すり減っていく何かを取り繕う技術を身につけただけなんだってあたしは感じてる。藤圭子の "過大評価" の根っこっていうのはそのあたりにあるんじゃないかって思えるんだ。