藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

皮膚よりも近く

藤圭子は、文科系的に冷めた言い方をすると「異形の者」なんだけど、あたし個人が肌で感じる言い方では 「異様な人」なのね。まともに見つめたら目がつぶれるんじゃないかって思うくらいの異様さなの。それは最初に藤圭子を知ったときからずっと変わってない。

あたしは「昭和歌謡」っていう大雑把な言い方が嫌いで、だって昭和って言ったって長うござんすよ。「昭和歌謡」とか言ってる人が、藤山一郎淡谷のり子東海林太郎なんかを思い浮かべてるとも思えないし。あたしは東海林太郎だいすきだけどね
それはともかく、あたしは昭和40年代の歌謡曲が気に入って、特に黛ジュンいしだあゆみ小川知子弘田三枝子を集中的に聴いてた。そうしたら2年前のある日、とつぜん藤圭子が脇道から出てきて、たまらずにぶつかったら轢き殺されたのはあたしのほうだったんだけどさ。

上に挙げた歌手の人たちについてはひたすら、上手いなァ、可愛いなァ、いい曲だなァって思って聴いてた*1
小川知子ちゃんなんか、こんなにかわいくて色っぽくってお歌が上手で、こんなにチャーミングな人がいていいのかしらって思って、ドキドキしながら聴いてたんだけど。*2




上戸彩にクリソツ


★ハイビジョン映像はこちら。見ろよ!!


初恋の人 小川知子 - YouTube

拝め!!


この胸のときめきを 小川知子 - YouTube

 

藤圭子は、そういうのとはぜんぜん違ってた。初めて聴いたときから、これは "あたしが歌ってる" んだって思った。あたしの喉から、胸から、声が出てるような気がしたんだ。
かわいいともキレイだとも思わなかった。そういう概念が存在する世界からは見えない次元に住んでて、何か "違う穴" からもぞもぞ這い出してくるような、気がついたら自分の皮膚よりも自分に近いところに入り込んでる異様な女だなって思ったの。

あたしはきっと藤圭子が "好き" なわけじゃないんだ。藤圭子は「よくわからない人」。いったいなんなんだろうこの人はっていう疑問がいつまでたっても解消されないから、いじくり回すことをやめられないだけ。

 

 

いしだあゆみ「太陽は泣いている」

カッチョええ~  ...これジュークボックスで聴いたら確実に死ぬな。ほんと、あたしを殺すにゃ刃物はいらねぇよ。過去にこんなにスゴイものがあるのに、「80年代アイドル」なんかを懐かしがってる人が信じられない。そしてこういう音楽を聴いて育ったはずの人が、なんで今クソみたいな "演歌" なんか聴いてんのかな。そしてそして、牽強付会のようではありますが、藤圭子の声は実はこういう曲にも向いていたのです。歌わせてみたかった。

 

<「太陽は泣いている」は 0:30 あたりから>

※あたしはなんていうか、いしだあゆみっていう人のパーソナリティーが好き。こういう打てば響くような率直な喋り方をする人ってたまんないんだ。ある意味おっさんみたいなんだけど、このルックスでこの立場で、こういうふうに喋れる芸能人って今いないよね。その一方で、いしだあゆみは誰にも似ていない歌い方に徹底的にこだわった人で、自分が欲しいもののためには何でもしてやるっていう強烈な決意と根性があった。"傑物" の風格があるし、半生がそのまんま小説になるね。

 

 

*1:こういう「ァ」の使い方って今やらないよね

*2:ようするにオマエ小川知子が好きなんだろ。ええそうですよ好きですとも。つーか、こんなにカワイイ娘は見たことがなかった。オレらには小川知子がいた。それだけでいいよもう。それでなんで藤圭子なんかをシツコクかまってんのかよくわからんが、それはたぶん藤圭子が、何考えてんだかよくわかんなくて、でもなんとなく気になって、スカートめくったり筆箱隠したりしたくなるタイプだからなんだと思う。