読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

なっちゃんと純ちゃん

樋口一葉藤圭子って、文化の中での立ち位置がすごく似てるんじゃないかと思って、ここんところ一葉の作品や日記、それから評伝なんかをまとめて読んでいる。

世の中に対するスタンスや反応とか、貧乏で辛酸を嘗めながら現実に気丈に立ち向かった姿とか、人に対する見方がけっこう辛辣なところとか、そのくせヘンなところが人見知りなようすとか、短い期間に才能を爆発させたところとか、優れた読み手による評価のされかたなんかが、やっぱりすごく似てる。

なんだか圭子が一葉の生まれ変わりに思えてきた。
一葉はほんとに若いまんま死んじゃったけど、
藤圭子も歌手としては若いときに一度死んでからよみがえってる。

いつか山梨の県立文学館で一葉の直筆原稿を見たことがあって(ちゃんと普通の原稿用紙に書いてんだよ)、それから一葉はあたしにとって圭子と同じくらいリアルな存在になった。ついこの前までこの東京に生きてた、生身のおんな。

そのうちここも一葉(夏子)のファンブログに移行していく可能性もあるのかしらん。プロフィール画像も一葉の写真(シャレかい)をちゃっかりいただいちゃってることだし。

まさかね。

 

 

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)

 
樋口一葉日記・書簡集 (ちくま文庫)

樋口一葉日記・書簡集 (ちくま文庫)

 
なつ──樋口一葉 奇跡の日々

なつ──樋口一葉 奇跡の日々