読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤圭子趣味

"本質的にハグレてる" ものを嗜好するゲテモノ喰ひだと己を規定する

酩酊するその前に

いっぺん藤圭子から「ストーリー」をぜんぶ剥ぎ取ってごらん。

自分の「想い」みたいなものも全部捨てて完全にシラフになる。

その上で藤圭子を純粋に音として、"事実" として耳に通すんだ。

あなたは藤圭子の「音」を、

ただそこにあるリアリティーとしてそのまんま聴いたことがありますか。

そのリアリティーをちゃんと受け止めたことはありますか。

受け止めてあげてよ。

 

 

 

 

 


Akiko Nakamura, 砂の十字架 (Cross in the Sand), 1968 ...

しょうがないじゃない名曲なんだから